珠肌ランシェルは楽天、Amazon、薬局で買えない?最安値は?

珠肌ランシェルは楽天、Amazon、薬局で買えるのか?最安値はどこか?調べてみました。珠肌ランシェルは楽天、Amazon、薬局でではなくココが最安値でした。

珠肌ランシェルとビーグレンを比較してみた!



ハリやツヤのある美肌を目指す女性達から高い支持を得ている珠肌ランシェルは、シミやシワにも効果があるためアンチエイングにもとても効果的です。

しかし、同じような商品が多く販売されている現在では、どの商品がいいのか?どこがどう違うのか?迷ってしまいますよね。

今回は、話題に上がる事の多いスキンケア化粧品、ビーグレンと珠肌ランシェルを比較してみたいと思います。

効果の比較

まずは、一番大切な効果を比較してみました。

珠肌ランシェルの効果を見てみましょう

世界初!LOX活性卵殻膜配合で美肌に

卵の殻の薄い卵殻膜には、LOX酵素という卵を守り育てるためのタンパク質やアミノ酸、コラーゲンなどの成分が豊富に含まれています。

たくさんの美容成分が含まれた天然素材由来のLOX酵素を、活きた状態のまま製品に取り入れることで、弱った肌バリアの機能を活発化して肌ダメージを軽減してのくれるのです。

バリア機能が正常な状態でいるとターンオーバーも促進されるので、シミなどの肌トラブルが改善されていきます。

美白細胞セレプロンでシミにアプローチ

セレプロンは、美白を導く効果が高いと言われている酵母エキスの事を言いいます。

セレプロンには、肌内部から肌細胞を活性化して新陳代謝を促してくれる効果があるとされています。

肌の代謝が活発になるとシミの原因となる活性酸素が抑制され、メラニンが生成されにくくなるというわけですね。

ヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタで保湿効果

肌バリアを調整しがら潤いをチャージしてくれる珠肌ランシェルには、3種類のヒアルロン酸に、3種類のコラーゲン、プラセンタエキスやセラミドなどが配合されています。

この高い保湿効果のある成分たちが肌内部まで浸透し、潤いを常にキープしてくれますよ。

次はビーグレンの効果を見てみましょう

化学的研究を重ねて独自開発された浸透技術

ビーグレンはQuSome粒子を使った浸透技術がポイントになっており、この超微小のカプセルに美容成分を閉じ込め、肌の奥の奥まで届けるという仕組みです。

カプセルに美容成分を入れるので、肌にしみ込んだ後何時間もその美容成分が内部にとどまり、通常の倍以上の浸透力を発揮してくれるのです。

ハイドロキノンでシミにアプローチ

ハイドロキノンは美白成分であり、シミの原因のメラニンを強く抑制し色素の沈着を薄めてくれる効果があります。

強い成分のため、これまではクリニックや美容関連施設で使われていましたが、改良され今は化粧品にも使われるようになっているのですね。

しかし、強力な美白成分はやはり肌への刺激も強いため、敏感な方は逆に炎症を起こす事もあります。

気になる方は、使う際パッチテストをしたり医者に相談したりと気を付けて使いましょう。

ピュアビタミンCでニキビや肌荒れ改善

高濃度のビタミンCであるピュアビタミンを配合した事により、ニキビやニキビ跡、シワなどにアプローチをかける効果があります。

肌への浸透力も良く、塗った瞬間にじわっと暖かくなる不思議な感覚がありますよ。

こちらも高濃度で多少刺激が強いですので、敏感な方は炎症を起こさないようパッチテストをしてみてください。

他にはどこが違うの?

この2種類のスキンケア化粧品は、使用する製品の数に大きな違いがあります。

ビーグレンは、肌のお悩み別に分かれたセットが8種類あり、それぞれを購入する事になります。

基本的には、洗顔→化粧水→乳液→美容液→クリームORゲルの順で使い、更にお悩み別にマッサージ美容液等を使います。

一つあたり3700円~7000円程度しますので、一式ラインで購入すると結構なお値段になる事は否めません。

珠肌ランシェルは、化粧水からクリームや目元ケアなど11の役割を、なんと1個で全て担ってくれるように出来ています。

そのため、忙しい方でもパパッと簡単ワンステップで肌ケアが出来るようになっていますよ。

また1個で1ヶ月程度持つようになっており、お値段は公式サイトで購入した場合4500円となっています。

更にコース申し込みをすると、初回に限り2295円という破格のお値段になるのです。

まとめ

いかがでしたか?

珠肌ランシェルとビーグレンとでは、いろいろと違いがありましたね。

コスパの面でも効果の面でも、ご自分に合うのはどんなものなのかを見極めてスキンケア化粧品を選んでくださいね。

>>珠肌ランシェルの公式サイトはこちら